ランフラットの利点と欠点

タイヤ交換

安全性能を重視

タイヤと言えば走行の要、どの車もタイヤを装着しており、EV車、ハイブリッド車、ディーゼル車、ガソリン車とエンジンや機能的違いを持つも、タイヤは装着しており、その機能の違いはありながら役割は一緒です。タイヤは天然ゴムを主成分として、カーボンや樹脂など様々な素材を配合して生産されています。近年、日本の自動車市場に参入する輸入車が増え、高性能な機能を搭載し、走行性能を高めたモデルが続々と輸入されています。輸入車の多くにランフラットタイヤが装着されています。通常のタイヤとの違いは耐久性の高さで、燃費面でも寄与しています。このタイヤを装着する最大の利点はパンク後も100km程度の走行が可能で、ハンドル操作が通常通り行え、事故を防ぐことが可能です。パンク時の走行が可能となれば、整備拠点まで自走が可能となるため、スペアタイヤの搭載が不必要となるため、車両重量の軽量化と、トランクやラゲッジスペースの拡張が可能となります。通常タイヤは釘などを拾ってパンクすると空気圧が漏れ、すぐに車体が傾きますが、ランフラットタイヤの場合、車体の傾きが無くハンドル操作が可能なため、運転席でパンクに気が付くことが遅れます。装着している車両にはTPMS(空気圧監視システム)が搭載されており、常時、空気圧のモニタリングが行われ、ホイール内部に取り付けられたセンサーが送信機となり、車体側の受信機で情報を受け、運転席で異常を検知します。製品そのものが高額なため、インターネットなどで価格の比較をする人が多いですが、脱着バランス込みでお値打ちなお店が人気です。